FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-06

今週の映画

  「7月4日に生まれて」
4_54733.jpg
7月4人(合衆国独立記念日)に生まれて愛国心バリバリの
若者が、ベトナム戦争に自ら志願し共産主義を倒そうと意気込むが
戦場では無実な市民を殺し、理想と現実とのギャップに苦悩する
その後戦場で怪我をし半身不随になり、祖国では反戦運動がおこっていた
この辺の心情がリアルに描かれていて、考えさせられます


 「シティ・オブ・ゴッド」
AEBF-10176.jpg
そだちさんオススメの借りてきました!

ギャングに憧れる幼い少年リトル・ダイスは彼らとともにモーテル襲撃に加わり、そこで初めての人殺しを経験すると、そのまま行方をくらました。一方、3人組の一人を兄に持つ少年ブスカペは事件現場で取材記者を目にしてカメラマンを夢見るようになる。70年代、名をリトル・ゼと改めた少年リトル・ダイスは、“リオ最強のワル”となって街に舞い戻ってきた…。 けっこうおもしろかった!

  「ロミオ&ジュリエット」
4_53639.jpg
先祖の代から、モンタギュー家とキャピュレット家では敵対しあっており、血を血で洗う争いをしていた。
モンタギューの一人息子ロミオは、友人たちとキャピュレット家のパーティに忍び込み、ロミオは、キャピュレットの一人娘ジュリエットに出会い、たちまち二人は恋におちる。二人は修道僧ロレンスの元で秘かに結婚。ロレンスは二人の結婚が両家の争いに終止符を打つことを期待する。
しかし結婚の直後、ロミオは街頭での争いに巻き込まれ、親友・マキューシオを殺された仕返しにキャピュレット夫人の甥ティボルトを殺してしまう。ヴェローナの大公エスカラスは、ロミオを追放の罪に処する。一方、キャピュレットは悲しみにくれるジュリエットに大公の親戚のパリスと結婚することを命じる。
最初のほうが若干つまらなかった。だが最後はとても悲しくて泣きそうなりました
ロミオ&ジュリエットは初めてみたが、ストーリはすごくいいですよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おwみたのか、、、実話だと思うと考えさせられる映画だったですよ

けっきょく、リトル・ゼの二世が生まれていく

という最後のほうが考えさせられますよね
プロフィール

銭形

Author:銭形
群雄伝鯖上杉家で活動中の主役は銭形です!
合戦のない日は靴屋として平和に暮らしています

■『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。 ■このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。